タルカリのジャイアンリサイタル

タルカリの『まったり』時々『プリ尻』なFF11ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ!裏ジュノ

久しぶりに平日のデュナミス。
残業で遅くなったため、途中からの参加となりました。

今回の裏はジュノ。
デュナミスージュノと言えば…
デスの餌食になった場所!
そしてアライアンスを壊滅に追いやった所

むーん。ゴブ共め! リベンジじゃ!!ヽ(`Д´)ノ


さて今日は何人で攻略なのかな?
突入前にLSリストをちらっとチェックしてみます。
ひとり、ふたり、さんにん、よん?…ごにん…ろk……


………ちょwww……まっwwwww……









16人しかいないwwwwwwww
(ナ忍侍モモシ赤赤白詩黒黒黒黒黒黒)
フルアラにも足りてないwwwwwww

うーん 大丈夫なのかしら?(;゚Д゚)ドキドキ
ちょっぴり不安を抱きつつも、時計をもらって突入!



(中略)



1時間半後…

ボス戦


ボスまで来ちゃったヨ!!


一人も欠けることなく
ちゃんと進めちゃいました(゚Д゚)
たった16人で!

最近加入したこちらの裏LS
歴史も長く、メンバーもベテラン揃い。
彼らは何をどうすればいいか
全て頭に入っています。
動きも洗練されていて無駄がありません。

(余談ですが、最近リンクリストに追加させて頂いた
【薬局】さんは裏LSのエースです(*´д`))

加えてリーダーが冷静で頭脳明晰な人。
随所で的確な指示を飛ばしてくれます。

だから父さん
フルアラいなくてもなんとかなっちゃうわけで。


むしろ

玄関開けたら2分で死亡

途中参加して2分で死亡したり




1時間後に1分で2度死亡

TAくらって死んで
髪飾りで起き上がった直後
忍ゴブの微塵でまた死んだり

そんなヘッポコタルカリが足手まといという罠。




(´Д⊂グスン
己の不甲斐なさを海より深く反省…


何度か事故は起きたものの
攻略は順調に進み、ボス戦へ。
この前殺られた恨みを
サンダガIIIに乗せて思い切りぶつけますヽ(`Д´)ノ

序盤にいきなり
盾役二人がデスで沈むという
恐ろしい事故があったものの
マラソン&華麗なるスタン回しで撃破!!

スゴイ! 16人で裏ジュノクリア~~~~~(*゚∀゚)
【やったー!!】


少人数だから大変な事も多かったけど
いつも以上に【エキサイト】で刺激的! これは病みつきになりそうです(*´д`)

以下、この攻略で感じたことをつれづれに列挙。
  • 黒の数が多ければ少人数でも安定する。寝かせも精霊攻撃もイイワァ(*´д`*)

  • ゴブを屠る順番はとても重要。どのジョブを先に始末すべきか、それをターゲッターがきっちり把握している事が大事。

  • 当然の事だけど、盾役は死なせちゃダメ(゚Д゚)9m

  • 確実な攻略ルートを進む。多少遠回りもあるけれど、無理して近道を行くと全滅の原因に。焦りは禁物。

  • ボス釣りなどはどうしても囮が必要になる。囮役の方に敬意とレイズ3を(´;ω;)ゞ

裏に慣れてる人には当然の事ばかりかもしれませんが
一応参考までに。|゚⊇゚)ノ



さて、ここまで順調にクリアできたデュナミスジュノ。
ボスを倒し30分以上時間も余ってます。

「続きやってみる?」

この言葉が
私たちを過酷な運命へ導くとは…



つづくっ!(エウレカセブン風

オーロラ燃ゆ

いつものように玄武を討伐して
さぁ帰るぞという時でした。

オーロラ

見上げた空に
巨大な光のカーテン。

「うおwオーロラだ」
「すごーい、キレイ~~!」
「久々に見たね~」

不毛な北の地か
地上を離れたこの場所でのみ
見ることの出来るオーロラ。

私がヴァナ・ディールで最も好きな風景のひとつです。

地球で見る本物にはかなわないんだろうな。
だけど仲間と見るこのヴァナのオーロラも
特別キレイな景色だと思う。
たとえデジタルのデータであっても。

オーロラwith仲間たち

いつかリアルで見ることがあっても
このデジタルのオーロラも忘れないでいたい。
そんなことをふと思いました。









さて、マイルを貯めてフィンランド逝くぞぅ( ゚Д゚)

今では反省しt

昨日は徹夜明けのハイテンションで
その勢いのまま書きなぐって投稿したわけですが

今日読み返してみると
なんだかわかりづらくてアレな文章だったので凹みました orz
でもこのままにしちゃおう( ゚∀゚) えへ。


どっちにしても大した文章書けないわけだし!


今朝SSを整理していたら
デスの餌食になった時のやつを発見。
というわけで、おまけ。


ビフォー

ボスマラソンにて殉職直後。
本隊からちょっと離れたお城の階段で死亡。

  ↓
  ↓
  ↓

本隊がボス撃破!

  ↓
  ↓
  ↓

アフター

ボス撃破後にお城の入り口にポップ(ノ∀`)
かえりたーい、かーえれなーい

この後、救出のために
北側の掃討を開始→大リンク→地獄絵図
となってしまったわけです。

教訓:マラソンは慎重にネッ!
   暗黒魔法スキルは青くしようネッ!

デスの餌食

デュナミス-ジュノ

わたしたちのパーティはほぼ壊滅。
リーダーも仲間もみんな
あの得体の知れない石像に蹂躙され
斃れてしまった。

運良く逃れたのは
魔力も尽きた栗毛の黒魔道士、
満身創痍のヒューム戦士、
そして小さな体のわたし。

少し離れた別部隊も疲弊しきっている。
そこへ襲い掛かるひときわ巨大な石 -この世界のボス-
このまま幻の世界で息絶えなければならないのか。

イヤだ。それだけはゼッタイ。

わたしたちを率いる司令官が
息も絶え絶えに叫んだ。
「誰か、建て直すまでボスを引き付けておいてくれ!!」
その言葉を聞くやいなや走り出す黒魔道士と戦士。

栗毛の彼が呪文を放った。
「スタン!」
一瞬石像が止まる、が
その効果はあまりにも短かった。
石像は少しでも進軍を止めた者を容赦しないようだ。
歩む方向を黒魔道士に変え、巨体を持ってして迫る。

その時だ。
「挑発!」
間一髪、戦士が石像をひきつける。
傷付いた躯でなお仲間を守る為
ありったけのアビリティを駆使する彼。
だが石像はあまりにも大きすぎて、そして強すぎた。
紙兵の幻覚も、石の放つ魔法の前には無力だ。
万策尽きた戦士を飲み込むべく、石像がじわじわとにじり寄る。

わたしが…わたしにも出来ることは何!?

幸いにもまだ魔力が残っていた。
反射的に叫んだ。
「スタン! 止まりなさい!」

石像は確かに止まった。
が、気付いた時にはもうこちらを向いていた。
ほとんど効いていないも同じ。当然だ。
わたしのスタンはお世辞にも上手いとは言えない。
栗毛の彼より明らかに劣っている。
足止めになったかすらわからない。
あとはもう距離をとりながら走るしかなかった。

迫る石像。逃げるわたし。
背筋に走る冷たさだけがリアルだ。
これは何だろうか。石像の怒りか? わたしの恐怖か?

2度目のスタンを唱えたとき。
石像の放つ呪文が聞こえた気がした。




「デス」




- え?

その意味を理解する前に
わたしの全身から力が抜けた。
糸を失ったマリオネットのように
わたしの躯は弾力を失った。
前へつんのめる。迫る地面。黒くなる意識。
激突する前、なぜか浮かんだあの人の笑顔。


だっせー……ゴメン…


あとはもう真っ暗だった。



------------------------

2度目の裏ジュノ、ボス直前の出来事でした。
周辺の敵から片付ける予定が
なぜかボスを巻き込んだ阿鼻叫喚の地獄絵図に。

とりあえず、雑魚は掃除したものの
その間に死亡者多数、ほぼ壊滅状態。
ボスをやれる戦力は望めなかった為
建て直しの間にボスマラソンをすることになりました。

で、そのときに
タルカリ初の「デス」くらいました(;*´∀`)
いきなり死ぬんですね、これ。
盾役や超アタッカーの皆様はおなじみかもしれませんが
清清しいくらいの即死でタルカリ的にビックリ。
かなり新鮮!
直前にスタンぶちこんだはずなんですが
ボス石像様は見事にヌルーしてくださった模様。・゚・(ノД`)
実は暗黒魔法スキルが真っ白なんて言えn(ry

初デスログ

実は今日徹夜明けで
その勢いのまま
プリ尻時のタルタルをまじめに書こうと試みました。
たぶん反省はしてません。

ちなみにこの時は戦士さんもチボンヌ(ノд`)
が、もうひとりの黒さんが
神がかり的なマラソンで石像を翻弄!
その間に本隊が蘇生作業を終えまして
無事にボスは撃破できました!

だが、それだけでは終わらなかった…
ボス撃破後、マラソン死亡者を救出しようと掃討作戦を開始したものの
大リンク → 二度目の壊滅 → というかほぼ全滅 → 時間切れ死体排出…

えっと…裏LSの皆様、この時はほんとに申し訳ありませんでした(ノ∀`)
こればかりは海より深く反省しております orz
足ひっぱらないようになんとか頑張るぞう!

中の人への50質

ネ兄! 1万ヒット!!


おかげさまで1万ヒット達成です。
1年もやってる割には微々たる結果ではありますが
これからもどうぞよろしくお願いいたします m(__)m


で、1万ヒットを記念して(?)
えふはち本。様の「FFXI中の人への50質問」にチャレンジしてみました。
タルタルの中の人の生態をご覧いただければ、と思います。


※ リヤルバレも微妙に困るのでネタ混じりです。ご了承ください。
【“中の人への50質”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。