タルカリのジャイアンリサイタル

タルカリの『まったり』時々『プリ尻』なFF11ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの為に頑張りすぎる貴方へ

久々の日記が超長文です…まとめきれなくてゴメンナサイorz

※一部、LS日記の改変です。

あれはまだLV60キャップの頃
「ジラートの幻影」が発売される直前のこと。
【“誰かの為に頑張りすぎる貴方へ”の続きを読む】
スポンサーサイト

おかえりなさい

わたしたちはずっと待っていた。その人が還ってくる日を-



突然だった。

「Mさんからメッセが来てる!」

メンバーの一人が発するLSログ。会話が一瞬止まる。
「復帰したいからWP送ってくれって。私すぐに発行してくる!!」
興奮気味の文章。紛れも無い事実だ。

「本当なの!?」
「Mさん戻ってくるのか!?」
「本当にMさんなのか!? 嬉しくて震えがとまらない…」

ウィンドウを埋め尽くす喜びの声。
当然だ。誰もがずっと待っていたのだから。
彼が還ってくるその日を。


Mさんを見なくなってどれほどの月日が立っていただろうか。

「どんなときでも頼れる」
そんな人だった。
戦士、ナイト、侍を極め、そのプレイスキルは「軍神」と称えられた。
彼がいればどんなピンチも切り抜けられる。
彼がPTにいるというだけで勇気付けられる。
そんな存在だった。

特に侍としての彼は、神の名に相応しかった。
ただ、侍にLv3連携が無かった当時
レベル上げはかなり苦しかったらしい。
それでも彼はキャップであるLv70まで上げきった。

口数は少なかった。声を荒げるようなこともなかった。
だからその兆候が見えなかったのかもしれない。

70キャップ解除の日。
彼の姿は忽然と消えた。
わたしたちは
「忙しくなったのかねぇ」「HNMLSの方が大変なのかねー」
と、あまり気にも留めなかった。
有り得なかったからだ、彼がいなくなるなんて。

一月たっても二月たっても彼は戻ってこなかった。
のんきなLSメンたちも、顔色を変えはじめた。
しかし、ヴァナディール以外で彼と連絡が取れる方法は皆無に近かった。
彼にはウェブ閲覧環境が無いらしかった。LSのHPも見てもらえないだろう。
残された手段はただ「待つ」ことだった。
キャラが削除されてしまうその日まで
わたしたちは彼の帰還をひたすら待ち続けた。


4ヵ月後。

恐れていた最悪の事態になった。
彼宛の宅配が出来なくなった。
それが意味すること
-そう、彼のキャラは削除されてしまったのだ。

衝撃に似た悲しみがメンバーを襲った。
彼も彼のキャラもいなくなってしまった。もう戻ってこないのかもしれない。
残されたものは彼の思い出。優しさと強さに満ちたその姿。
皆それを抱えて、彼がいなくなった悲しみを必死で忘れようとした。


でも、もう思い出じゃない。彼は戻ってきた。
黒髪のエルヴァーンとなった彼に新しいパールを渡した。
照れくさそうにしている姿は、まぎれもなく昔と同じ彼だった。

「おかえりなさい、Mさん」




【“おかえりなさい”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。